私が婚活をはじめようと思ったのは、離婚がきっかけでした。
いわゆるバツイチ子持ち状態となってしまった私は、婚活市場においては、かなり肩身の狭い条件かと思いますが、当時の私は、小さな子供をかかえ、精神的にも肉体的にもかなりしんどい状態でした。

離婚したばかり、しかも子持ちで結婚を考えるのは、若干気が引けましたが、そんなことを言っている余裕はなく、ぎりぎりの精神状態でしたので、なんとか支えになるパートナーが欲しいと思っていました。そんな私が最初に思いついた方法は、「婚活パーティー」でした。

実は、婚活パーティーには、若い時にも何度か出たことがあり、それなりに安心感もありましたが、ちょっと戸惑ったのは、ここが地元だと言うことです。都内で働いていた時は、よく出席しており雰囲気に慣れていましたが、地元ではよくわかりません。まさか知り合いや幼馴染に会ってしまっては?と、少し不安もありましたが、意を決して出席してみました。

そして、結果は悲しいことにカップル成立せずでした。「なぜ?独身の時は、あんなにモテていたのに?やっぱり田舎では私は需要がないの?田舎は結婚年齢早いっていうし、賞味期限が切れまくってる扱いなのかしら?」と、すごく嘆かわしかったですが、懲りずに今度は、30代におすすめの婚活アプリはどれ?※現在婚活中の私の体験談というサイトを参考に、婚活アプリを使ったメールでの婚活にチャレンジしたのでした。

メールでの婚活は、パーティーなどと違い、直接顔は見えませんが、年齢や子持ちなどの条件を登録し、気に入ってくれた方とメールのやり取りをすることができました。もうそんなに若くない私にとっては、ルックスとか条件とかより、落ち着いていて信頼できる男性とのやり取りは、とても安心できました。

そして、現在は婚活メールを通じて知り合った男性と無事、お付き合いをさせて頂いております。まだいつ結婚するか等は分かりませんが、そんな迷いや不安も独身時代を思い出し、ちょっと楽しかったりもします。

バツイチだろうが子持ちだろうが、高齢だろうが、諦めなくていいと思います。これから婚活したい方は、自分の条件とか年齢で諦めずに、頑張ってほしいなと思います。